もしアドラーが上司だったら(前編)

こんにちは。toccoです。

今回は、数年前に大ヒットした「もしアドラーが上司だったら」を読んでみました。
本書は、アドラー心理学をビジネスシーンで活かすために書かれたものですが、もちろんビジネスシーン以外にも十分活用できます。

本書は、冴えない平サラリーマンりょうくんが、アドラー心理学を学んだ新しい上司ドラさんに宿題を出され、それを実践していくことで社会人としても人間としても成長していく物語です。
この記事の最後に、ドラさんがりょうくんに出した宿題の一覧をまとめています。
気になる方は実践してみてくださいね!

“もしアドラーが上司だったら(前編)” の続きを読む

読書を人生に役立てる方法(アウトプット編)

こんにちは。toccoです。

さぁ、今回は最後の「アウトプット編」です。
この「アウトプット編」、読書の知識を身につけるためだけでなく、様々なアウトプットに役立つ知識ばかりです。
また、最後の方には「記憶力をあげるテクニック」を載せていますので、ぜひお役立てください! “読書を人生に役立てる方法(アウトプット編)” の続きを読む

読書を人生に役立てる方法(事前準備編)

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。(直訳)


初代ドイツ宰相ビスマルクの有名な言葉ですね。

する必要のない失敗なら私だってしたくない!
という事で、私は読書から先人の知恵や経験を学ぶことが好きです。

 

好きなはずなんですが。。。

 

読み終わると、そのほとんどを忘れているんですよね。
もしくは、本から学びたいと思うけど、読書が苦手。

そんな方はいらっしゃいませんか?

 

そこで、それらを克服するために、メンタリストDaiGoさんの「知識を操る超読書術」を読みました。

とーっても役に立ったので共有いたしますね!

“読書を人生に役立てる方法(事前準備編)” の続きを読む