人をつなぐ

こんにちは。
野老 真悠子です。

 

 

自分のビジネスを大きくしようとする場合、組織作りが大切になってきますよね。
この組織を如何に作るか。
今日はそれを考えていきましょう。

 

 

 

ところで、世界最大にして最古の組織って何だと思いますか?
答えは。。。

 

 

 

宗教です。

 

 

 

世界三大宗教のひとつであるキリスト教を例に組織作りを考えてみましょう。
なぜキリスト教がこんなにも大きな組織になったのか。
もちろん、わかりやすさや実践のしやすさ・ストーリー性など、その内容が人々の心を惹きつけたといという事はいうまでもありません。

 

 

 

ですが、まずはその存在を知ってもらう必要があります。
自分がいかにキリスト教に入って良かったのかを話すだけでもその存在を知ってもらえますし、その人のニーズにあうと思ったら「だったらこういうのがあるよ」と提案することでも知ってもらえます。

 

 

 

そして、その人が興味を示したら日曜礼拝などにお連れして、牧師さんによってキリスト教の内容を正しく伝えてもらう。
こうやって信者を増やすことによって組織が大きくなっていったのですね。
本当に良いものは人から人へと口コミによって広がっていくのです。

 

 

 

ここで大切なのは、牧師さんにつなげる事です。
あなたはキリスト教の教えを完璧に間違いなく、確実に伝えられるでしょうか。
そこには自分なりの考えが挟まってしまいませんか?
変な考えを挟む事なく確実に伝えるために、牧師さんにつなげるのです。

 

 

 

ビジネスでも同じです。
組織を大きくしようと思ったら、まずは知ってもらう。
その人のニーズに合うと思ったら提案する。
そして正確に確実に理解してもらうために、自分よりも熟知している人に繋ぐ。
それによって、その人が自分のニーズを満たせると感じれば組織の一員になり、組織は大きくなっていきます。

 

 

ただし自分の組織を大きくしたいからといって、嫌がる人を無理に連れてきたり押し付けたりしてはいけませんよ。
みんなが不幸になります。

 

 

 

「組織を大きくしたいから」と自分の利益だけを考えている人は成功は出来ません。
相手のために自分が提供できるものを提供する。
相手のためにした事が巡り巡って自分の元に返ってくる。
これがビジネスの基本だという事を忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です