私からみた私。〜自己紹介


野老 真悠子です。
今日は改めて自己紹介をいたしますね。


私の名前は「のび」でもなければ「のろう」でもない、ましてや「のろまゆうこ」でもなく、「ところ まゆこ」と申します。
(よく間違われるので💦)

 

 

生まれも育ちも日本の埼玉県川口市。
子供の頃からお洒落が大好きで、保育園で好みじゃない服を着させられて大泣きしたことを覚えています。
小学校高学年になると、洋服が決まらないという理由で学校を休んだりしていました。

 


父親の教育方針が「中学に入るまでは遊べ」ということで、あちこちに秘密基地を作ったり、土手で水浸しや真っ黒になるまで遊んだり、ブランコのチェーンが外れてブランコと共に飛んでいったり・・・と、今思えばよく無事でいれたなと思うほどハードに遊んでいました。
父も「あそこまで勉強しないとは思わなかった」と、私が大人になってから嘆いていましたね😅

 


中学校に入って一番最初の試験ではさすがに勉強し、好成績を収めました。
これが良くなかった・・・
ちょっと勉強すれば出来るじゃん♪と、うわべだけの勉強法を覚えてしまい、また勉強しなくなりました。
それでも数学は大好きで、他の教科の偏差値が58程度なのに比べ、偏差値は一番いいときで70ありました。
勉強していない割にはいい方ですw

 


高校に入ると、もう好きな科目の授業しか出なくなっていました。
ちなみに好きな科目は数学、美術、体育。
英語に至っては文法なんて知らないので教科書を丸暗記w

 

 

では何をしていたのかというと、その頃は父親が仕事の関係で帰宅するのが深夜2時頃だったのですが、帰宅した父と朝まで色々な話をしていました。
そのため、私の思考に父親の教えは大きく影響しています。
今でも覚えているのが「マスメディアを信用するな。情報の裏側を考えろ」。
その頃はなんとなくでしか理解できていませんでしたが、今ではこの教えをありがたく感じています。

 

 

そんな私も周りに流されてなんとなく大学進学しようとします。
しかし父に「目的がないなら大学なんて行くな。やりたいことを真剣に考えろ」と言われ、ここから数年本気で悩み右往左往しました。
この時期は、人生とは何か、自分は何者か、生きるとは、真理とは・・・そんなことばかり考え、いろんな本を読み漁っていました。

 

 

 

「人に喜んでもらえる時に私は喜びを感じる」
「人生や命について知りたい」

 

 

そんな時、友達が「看護師になる」と言い出したんですね。
その時共に26歳。実は子供の頃に看護師になりたいと思っていたのですが、おっちょこちょいの自分の性格が怖くて諦めていたのです。

 

 

 

「人の役にも立てるし人の生死に関わる事で人生とは何かわかるんじゃないだろうか。しかしこの年齢からでもなれるのか?」とその時は思いました。
しかし「これからの人生で今が一番若い時。怖かったらちゃんと勉強すればいいんだ」と、看護学校に入学。
ここから初めて真剣に猛勉強しました。
そのお陰もあり満点に近い点数で国家試験に合格。

 

 

 

看護師になり毎日バタバタだけど、私は看護師の仕事が楽しくて仕方がありませんでした。
綺麗事でもなんでもなく、人のお役にたてているという事が単純に嬉しかったのです。

 

 

 

そんな大好きな仕事をどうして辞めたのか・・・
体調を崩してしまったんですね。
7,8年間、睡眠障害を抱えていましたが看護師には良くあること。
最初は眠剤を試したりしましたが、全く私には効かなかったので放置していました。
すると次第に息苦しさや動悸が出現するようになり、ついには声が出せなくなりました。
担当医からは仕事を休むように言われましたが、私の選択肢には休職の文字は一切ありませんでした。

 

 

 

何故なら看護師の仕事が好きということももちろんありますが、私は常に周りに遅れをとっているという負い目みたいなものを心の何処かに抱えていたのです。
周りは休まずにちゃんと学校に行って就職して毎日仕事に行って、一般的な人生を歩んでいる。
それをしてこなかった自分が、やっと毎日仕事に行きお給料をもらい、一般的な人生を送れている。
ここからまた外れることが怖かったのです。

 

 

 

また、自分の老後のために金銭的な不安もありました。
独身なので自分の老後の生活費は自分だけが頼り。
退職までに最低3000万貯めなければいけない。
尚更、仕事をやめるわけにいかない・・・

 

 

 

これを読んでみなさんはどう思われますか?
「一般的な人生」という価値観やお金に縛られていると思いませんか?
私は今こうして自己紹介を書きながら、自分がどうして好きな仕事をしながらも息苦しさを感じていたのか整理できた気がします。

 

 

 

そんな私は今、JSAで人生やお金について学んでいます。
私が目指すところは、お金の問題に縛られずに看護師をやること。
看護師じゃなくてもいいかな。
人の心を救う手助けになることがしたいですし、命を大切にする活動もしたい。

 

 

美味しいものを食べたり美しい景色を見ることも大好きですが、何より私が自分の生を実感できる時が人に喜んでもらえた時なのです。
魂が喜ぶのですよね。
ただ、エゴにならないように気を付けないといけないのですが💦
このような活動をお金の心配をする事なく出来たら、私は「生きてるな〜」と思えるでしょう。
そこを目指しています。

 


とりとめなく半生を振り返ってみましたが、良いことも悪いことも全てが今に繋がっているんですね。
真面目に学校に行かなかったことがコンプレックスでもありましたが、そのお陰か「常識的な考え」に洗脳される事もありませんでした。
父親と沢山話す時間を設けた事で、お金に代えられない財産を身につける事が出来ました。
これらがあったからこそ、今また自分の人生について考え、立ち止まり、目標を見いだし歩み出す事が出来ました。

 

 

 

起きる事象に良いも悪いもないのです。
それに意味をつけるのは自分自身なのです。

 

 

 

まだまだ人生の目的に向かって勉強中の私です。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です